デザイン一考

名刺デザインはなぜ重要なのか

ビジネスにおいて重要なアピールチャンスになり得る名刺は、名前や役職、連絡先などを手っ取り早く渡すことができるとても便利な道具です。
自己紹介の一環として交換し、その後のビジネスを左右するとても重要な役割を担うことも多々あります。

名刺は、日本で働く社会人にとっては、必要不可欠なものでしょう。仕事の時は、常に持ち歩いている人が多いはずです。

営業の方などは、気がついたら手持ちの名刺がすべてなくなってしまっていた、そんな経験をしたことがある人も多いではないでしょうか。
だからと言って、コピー用紙に書きなぐったものを相手に渡せば、高いスーツや完璧な笑顔を見せても第一印象は悪いものとなってしまうでしょう。
逆に、デザインや印刷方法を工夫したものを渡せば、個性あふれる名刺として相手の印象に残りやすくなります。
なぜなら名刺は、社会人が挨拶するときに大切な顔としても機能しているからです。

例えば、全く同じレベルの製品を数点プレゼンテーションされた際、最後に決めるのは製品をプレゼンテーションした方々の態度や清潔感によって決まる場合もあるでしょう。
名刺も同じです。パッと見た時に違いがわからないような人でも、かっこいいおしゃれな名刺だと、一歩リードすることができます。

では、どのような部分を工夫すれば望んだ効果が得られる良い名刺となるのでしょうか。

例えば、本人の写真や似顔絵を配置してみるのは面白く、受け取った人に顔を覚えてもらいやすくなりますね。 全体を黒くして名前を白い文字にしてみたり、名前部分のみ凹凸ができるような印刷にしてみたり、肌触りの良い紙を使ってみるのも良いでしょう。

あの小さな手のひらサイズのものを少し工夫しただけで、周りの印象は大きく変わることもあるのです。
ただ必要なことだけを印刷したものよりも、美しく清潔で目立つものを欲するのは人間の本能と言えます。

顧客にとって可読性が高く何度も読み返してしまうような名刺。それが一番良いデザインの名刺なのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP