デザイン一考

デザイナーといっても専門分野は様々

一口でデザイナーと言っても、そのデザインする分野は多岐にに分かれていて、活動の場な様々です。

グラフィックデザイナーという分野の人がいます。
主に写真や動画、イラスト、文字などの素材を使って構成を行い主に印刷物のデザインを行う人を指します。 雑誌の広告やポスターの作成、商品パッケージ、パンフレットの作成なども行う人もいます。
アートディレクターや写真家、編集者を兼ねる場合も多いとされ、各分野にまたがる場合もあります。

WEBデザイナーと呼ばれる分野の人もいます。
インターネットの発達で、個人でも会社でもホームページが制作されるようになりました。
依頼を受けて、これらのサイトを美的かつ機能的にデザインするのが主な仕事となります。
ドローソフトやペイントソフト、ホームページ作成ソフトなどを使ってロゴやアイコン、キャラクター、静止画などを利用して色彩にも配慮して作成し、SEO対策にも注意して依頼主に応えます。

プロダクトデザイナーと呼ばれる分野があります。
これは自動車や飛行機、家電製品などの工業製品のデザインを手掛ける人の総称で、業務用機器や医療用機器、工芸品の作家まで含まれる場合もあります。
関与するプロジェクトによってはファッションデザイナーやグラフィックデザイナー、家具デザイナーなど多岐に亘って共同して進めて行く場合もあります。

服飾デザイナーはファッションデザインを手掛けるデザイナーのことを指し、企画を立てて年齢や性別、使用される場と目的からコンセプトを決めて素材やカラーを決め型紙を起こします。
仮縫い作業を行い、工場にて製造作業へもって行き最終チェックを行った後に本格的な製造に入ります。

建築デザイナーは依頼を受けて建築物の打ち合わせを行い、内容に沿った設計図を作成し、見積もり書を作成したり、役所へ申請図面を提出したり、施工に当たっては建築設計監理を行ったりします。用途や規模に応じて資格が必要な場合があります。

インテリアデザイナーは建築デザイナーのうちの床や壁、天井、建具、家具の配置、照明器具、カーテン、色彩などの内装部分を受け持つデザイナーです。

キャラクターデザインはアニメ、映画、ご当地キャラクター等のイメージを描くことを指します。

↑ PAGE TOP